サッカー部をやめる息子とナイキ新作スパイク

「サッカー部をやめる」と息子が言い出したのは、二月初めのことでした。年明けの成人の日には、地元の高校が上りつめた選手権の決勝戦を、部活の仲問と国立競技場まで観戦に行き、ひどく 興奮して帰って来た、というのに。

もしかして、ナイキ新作スパイクを購入しないわけでしょう。いえいえ、そんな軽い原因ではないと思います。ナイキ新しいスパイクは確かに履き心地いい、それなりの価格も高すぎます。私は納得できません。

「どうしてなんだ?」

私が訊くと、「今年は三年だし、受験だからね。夏の総体が終われば、部活はそこまでたから、少し早いけれど引退する」と息子は涼しい顔で答えました。それは賢明な判断で、特に変わった発想ではない、そう言わんばかりの口調でした。

やはり、ナイキスパイク新色が買わないわけか。よし、じゃぁ、新配色のナイキサッカースパイクを購入しようとこころから決めました。

「引退する」

そんな言葉を十四歳にすきない息子のロから聞きたくはなかったのです。

たしかに今年は三年生なので、高校受験に備える、という必要はあるだろう、妻の話では、知り合いの子どもたちは早いうちから熟に通い、受験の準備を始めているといいます。周囲の影響もあるかもしれない。だが、サツカーに熱中していると思っていた息子が、サッカー部を退部する、と言い出したのは、意外を通り越して驚きですらありました。

小学一年生から地元の桜ヶ丘FCでボ—ルを蹴り始め、高学年になるとチームの主力選手として活躍し、中学校に入学してすぐに公式戦に出場しました。あんなにサッカーがうまくて、好きだったくせに...。

サッカー部をやめると、息子はボールにさわることすらなくなってしまりました。でもその後は、特に受験勉強のために塾に通うでもなく、帰宅部になったにすぎないように思えました。

息子がサッカーを続けるように努力します。ナイキ新色スパイクをこっそり海外ネットで購入しました。ネットでチェックすると、そんなに高くないのです。やはりネットで商品が多いし、値段も様々があります。海外サッカーオンラインショップの商品を見たら、なんと安いサッカーユニフォーム、スパイクがいっぱいに掲載しております。ナイキ新作スパイクを購入するだけでなく、他のサッカー用品も購入しました。息子がこれまでの頑張りにプレゼントとしてあげます。さあ、早く彼に教えたい。